東戸塚の緑内障なら当クリニックにお越し下さい。

東戸塚田園眼科クリニック
  • 診療予約サービス
  • アクセス

東戸塚の緑内障【ポイントとFAQ】

私たちは東戸塚で緑内障の治療を中心に眼科の診療を行っているクリニックです。あなたの眼を守るために全力でサポートします。それぞれのライフスタイルを重視して、適した治療やアドバイスを提案することを心がけているのが特徴です。これまで30年間、地域に根ざして活動してきた実績があります。地域に住んでいる人達の目の健康を守るために全力を尽くしてきました。患者一人ひとりの話をしっかりと聞いて、病気についてわかりやすく説明し、納得してもらってから治療に取りかかります。

緑内障 東戸塚

積極的に新しい医療知識や技術を取り入れていき、常に最新の医療を提案できるように努力してきました。患者の負担を軽減するための努力をしていて、最新の医療機器を導入することにも躊躇しません。緑内障の治療を中心として、ほかにも眼精疲労や小児眼科、メガネ・コンタクトレンズなどにも対応しています。目の健康にかかわることであれば幅広く対応できます。手術や入院が必要になった場合には別の大きな医療機関を紹介することも可能です。当院はバリアフリーの環境が整っていて、ベビーカーや車椅子でも問題なく来院できます。目の健康に関する悩みを抱えている人は、いつでも気軽に東戸塚田園眼科クリニックを受診してください。

01緑内障とは?

緑内障という病気を聞いたことはあるでしょうか?
しかし、実際に緑内障がどんな病気なのか、理解している人は少ないはず。
今回は、緑内障について詳しく解説します。
緑内障の症状の主なものは、視野障害、つまりどんどん見える範囲が狭くなっていくものとなります。
原因はっきりしていませんが、何かの要因で視神経が傷害されて、視野障害の症状が起きます。
日本では、40歳以上の方の20人に1人が発症するとも言われています。
緑内障が怖い理由の1つに、症状がほとんどなく、症状が現れた時は末期の状態ということが多いことです。
ただし、早期で発見すれば症状の進行を抑えることができる病気なので、定期的に眼科に通うことをおすすめします。

02「緑内障かもしれない!?」初めて眼科に行く方へ

40歳以上の日本人の20人に1人がかかると言われている緑内障。緑内障の恐ろしいところは、ほとんど自覚症状ないことです。40歳以上になっても、眼科検診を受けたことがないという人が多いことも事実では無いでしょうか?なぜ自覚症状がないのか?
主な原因は、人間の脳が優秀すぎることだと言われています。あなたも「盲点」という言葉を聞いたことがあると思います。
人間に目には必ず見えない部分が存在しており、脳はその部分を映像を作り出して見えているように見せて補っています。緑内障でも同じことが起こっており、痛みなどはありませんが、視野が狭くなっただけだと、少しくらいであれば脳が映像を作り出して補ってくれます。なので、自分でも気づくくらい、視野が狭くなっている状態になったら手遅れだった…というケースが多いのです。このようなケースを避けるためには、40歳を超えたら、定期的に眼科検診に通うこと。
特に、身内に緑内障の方がいらっしゃる場合は、その旨を伝えることをおすすめします。早期に発見すれば重症化することはほぼありません。自分で意識することがとても重要な病気です。

「緑内障かもしれない!?」初めて眼科に行く方へ

03緑内障を予防するための3つのポイント

緑内障は自覚症状がない目の病気のため、気づいた時には症状が進行してしまってる場合が多くあります。
そのため、普段からの検診が大切なことはもちろんですが、それ以上に緑内障にならないように予防することが最も大事。
今回は、緑内障を予防するための3つのポイントをお伝えします。

1.スマホやPCはほどほどに
緑内障の患者さんが増えている1つの要因として、ブルーライトの存在があります。
スマホやパソコン、液晶テレビなどからはブルーライトが発生されており、これが目にはあまりよくないと言われています。
ブルーライトについては色々と言われていますが、緑内障との因果関係で言えば、眼精疲労が挙げられます。
ブルーライトは眼精疲労を引き起こし、目が疲れると血流が増え、結果として眼圧が上がるという悪循環を引き起こします。

2.ブルーライトカットのメガネを利用する
ブルーライトをカットするためには、一番はパソコン、スマホを見ないというのがベストです。
が、難しい場合にはブルーライトをカットするサングラスやメガネを利用してください。
それだけで、眼精疲労は少なくすることが可能です。

3.1年に1回検診を受ける
最後は、極論になりますがやっぱり1年に1回は検診を受けてください。
検診を受けることで緑内障は早期発見が可能です。
早期発見こそ緑内障最大の予防となります。

04東戸塚で治療できる緑内障の種類

緑内障 東戸塚

緑内障の治療の際には、そのタイプをうまく見分ける事が重要です。
緑内障には大きく分けて、原因のわからない原発緑内障・他の病気に続いて起こる続発緑内障・眼球の一部である隅角の先天的な異常のために起こる発達緑内障の3つがあります。
原因がわからないとは言え、原発緑内障は2タイプに分けることができ、中でも原発開放隅角緑内障が、緑内障発症者において最も多いケースです。眼球の表面は、上部と下部にある毛様体で作られる房水で保護されています。房水は、上部と下部の線維柱帯から排出されて、最終的に静脈に流れます。
原発開放隅角緑内障は、この線維柱帯の働きが鈍くなり、房水の排出がうまくできず眼圧が上昇して緑内障が発症します。このうち、眼圧が20mmHg以上に上がってしまったものだけを、狭義の原発開放隅角緑内障ということもあります。
男女を問わず、40歳以上の方に発症することが多く、急激に視力が悪くなるわけではなく、徐々に進行する病気です。
緑内障の判定には、眼圧測定・眼底検査・視野検査・隅角検査などの検査が必要です。
緑内障は早期発見でその進行スピードを緩めることができます。40歳以上の方は1度緑内障の検査を受けることが大切と考えられます。

05全国各地の眼科で緑内障の治療

緑内障の治療に対応エリアの制限はありません。全国各地の眼科で緑内障の治療が行われています。
とは言え、通院にかかる時間やコストなどを考えれば、地元で腕のいい眼科にかかることが一番治療効果が高いと言えるでしょう。まずはインターネット上でお住まいのエリアにある業者を検索してみましょう。その上で、クチコミや近所での評判を収集しながら通院する眼科を選定していきます。
デジタル化の進展に伴い、眼科を始めとする診療所でも、ホームページを介した情報発信を行っています。ホームページ上には目安の治療価格から期間、追加可能なオプションなどが並んでいます。Q&A も充実していれば、あなたの感じる疑問にすでに先回りした回答があるかもしれません。
最終的な眼科選定の前には、眼科同士の比較も忘れてはいけません。注目点は価格のみならず、アフターケアの充実度もチェックしていきましょう。
緑内障に関しては、残念ながら完治は難しく、現状維持が最優先に進められます。主治医の腕の良さや投薬治療で進行をどれだけ抑えられるかが決まります。
お住まいのエリアで、あなたの要望にピッタリの眼科をぜひ見つけてみてください。

06東戸塚で緑内障を治療する際の費用の目安

近年注目を集めている目の病気が緑内障です。「だんだんとボヤけて見えてきた」「老眼だろうか」と言われてきた症状の多くが緑内障に由来しています。発症しやすいのは40歳以上で、20人に1人がかかっているとも言われています。緑内障は眼球表面の眼圧の変化やその他の原因により視神経が圧迫されダメージを受けてしまい、視力に関する神経線維が徐々に減ってしまうことで発症します。最悪の場合失明にもつながる恐ろしい病気です。にもかかわらず、緑内障の進行はゆっくりとしているため、多くの人が自覚できないまま視力の低下を起こしてしまっています。

東戸塚で緑内障を治療する際の費用の目安

失った視力は取り戻すのがとても困難です。緑内障の治療にあたっては、現状の視力維持が第一に考えられます。薬剤投与によって病状の進行を抑えるのです。
緑内障治療の費用に関してですが、投薬治療の継続のみで済む場合もあれば、レーザー治療や手術が必要な場合もあり、確定的なことは言えないのが現状です。いずれにしても、早期発見できれば比較的控えめな治療で収まることが多いので、40歳を過ぎて以降はなるべく早く眼圧検査を始めとした精密検査を受診することが大切です。

07東戸塚近郊で緑内障治療する際の3つのポイント

01現在の症状を確認しましょう。

緑内障は気がつかないうちに静かに進行していく病気です。40代になったらすぐの検診がおすすめです。緑内障は進行を止めることはできても依然として快復が難しい病気です。早期発見早期治療で、早い段階で緑内障の進行を遅らせることで、高齢になっても視力を維持していこうとの方針がとられています。現時点で少しでも視力や視界に不安がある場合には、早めにきちんと検査してもらいましょう。

02定期的な通院が可能な立地で眼科を選びましょう。

緑内障の治療においては1回だけ診察を受けるのではなく、複数回しかも定期的に通院することになります。駅から近いなどアクセスの良好な眼科であれば、通うことに億劫さを感じることも少なくなるのではないでしょうか。

03評判の良い眼科を選びましょう。

実際に通院したり治療を受けた方が知り合いの中にいれば詳しく話を聞くこともできるでしょうが、それが難しい場合にはネット上で口コミを検索してみましょう。診察室の写真などが公開されている場合には、事前に確認できることで安心できるでしょう。

08緑内障の早期発見に特化した東戸塚の眼科

こちらの院長先生は、現在高齢化社会になりつつある日本で、特に医師として、40歳以上で罹患率の高い緑内障の方を助けたい、悪化しないことに全力を尽くしたい、しいては日本国内の緑内障の失明率低下に貢献したいという大きな思いを常々抱き、診療に当たってらっしゃいます。
緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され、徐々に視野障害が広がってくる病気です。
多くのタイプは末期まで視力が悪くならないことが多いので、自覚症状があまりないままゆっくりと進行します。
眼底検査などで、眼底の視神経乳頭の陥凹(くぼみ)拡大が緑内障発見のきっかけになることが多いといえます。
最近ではOCT検査の普及により、赤外光を用いて眼底の視神経乳頭の変化や網膜視神経線維層の厚みの変化を正確に判定できるようになりました。
そのことにより、緑内障を示唆する所見がありながらも通常の視野検査ではまだ視野欠損を認めない状態(前視野緑内障)を疑われる方が多いことがわかってきました。
前視野緑内障を疑われる方の約10%に2〜3年後には視野異常の出現が認められている、視野異常が現れた時点では、すでに5割以上の視神経細胞が障害を受けているなどの報告もあり、早期に視野異常を見つけることは大変重要です。

09東戸塚で緑内障の治療をしたい際の相談事例

東戸塚で緑内障の治療をしたい際の相談事例

緑内障を治療する際の相談事例をご紹介しましょう。
よくある相談に、「どのタイミングで眼科にかかるのが良いのかわからない」というものがあります。
緑内障とは、自覚症状がないままにだんだんと視野が狭くなってきてしまう病気です。多くのケースでは眼圧の異常が症状の原因とされていますが、日本人の場合、眼圧に異常がなくとも発症する例が多く報告されています。そのため、定期的な検診がかかせません。
一般的に40歳を越えたら1度は眼科で緑内障検診を行うことを推奨されます。その際、眼圧検査・眼底検査・視野検査と複数のポイントから検査がなされます。こうした種々の検査を問題なく行えるキャパシティと治療歴の多さを基準に通う眼科を選んでみることをおすすめします。
なお、現状では緑内障の完治はとても難しく、進んでしまった症状の進行を抑制することに主眼が置かれています。自分ではよく見えているつもりでも、改めて検査をしてみると、視野の周辺部分はぼやけてしまっていたという話もよく聞かれます。
こうした面からも早期発見早期治療が求められているのです。40歳になったら眼科検診。まずは個々から始めてみましょう。

10東戸塚駅近郊で緑内障治療を検討する際によくある3つの質問

緑内障治療を検討する際にでてくる3つの質問にご回答しましょう。
質問 緑内障とはなんですか?
回答 視神経に障害が起こり、視野がだんだんと狭くなってくる病気です。日本での失明原因の1位とされ、40代以上の約20人に1人が罹患していると言われています。現在、効果的な治療方法は見つかっておらず失われた視野を回復することはできません。緑内障の進行には眼圧が深く関わっていることが分かっているので、治療ではこれを下げることで今の視力を維持することに注力されます。
質問 緑内障の検査はどういったものがありますか?
回答 眼圧検査・視野検査と、OCTと呼ばれる網膜などの断層撮影を活用して早期発見をはかります。上述の通り、40代以降での罹患率が急速に高まるのが特徴ですので、年齢を基準に眼科での検査をおすすめします。
質問 発症するとすぐに目が見えなくなるのですか?
回答 緑内障は、ケースバイケースですが、比較的ゆっくりと症状が進行します。ご自身では気が付かないうちに視野の欠損や視力の低下が始まっている可能性があります。異常に気がついたときには、大きく進行していることもあるので早めの検診が重要です。

11東戸塚で緑内障専門治療医を選ぶ際の注意

POINT 緑内障は進行具合の判断が難しい症状です。緑内障にかかった場合、視野狭窄が始まりますが、その進行は急速なものではなく、徐々に進行していくため、なかなか自覚症状を掴むことができません。40代に入ったら、視力の衰えを感じていなくとも1度は緑内障の検査を行うことをおすすめします。
その際検査が行われるわけですが、眼圧測定、隅角検査、眼底検査、OCT検査、視野検査と多岐にわたります。これまでの緑内障の理解では「眼圧」のみ着目されていたのですが、近年の患者の傾向を分析すると、眼圧のチェックだけでは不十分なことが分かってきました。複合的に診察することが早期発見につながります。
緑内障は治療技術が確立しておらず、症状が出ていた場合、視力の回復は残念ながら願うべくもなく現状維持が第一の対処となります。失明やそれに伴う生活の不自由をを防ぐためにも上記でご紹介した検査をしっかりと行える機器を準備していて、またきちんと扱える眼科医を選択することが大切です。
まずはホームページをチェックして、使用器具の紹介ページや緑内障についての解説ページをチェックすることから始めてみてはいかがでしょうか。

12東戸塚で緑内障治療を依頼する際に使える業界用語

眼圧検査、眼底検査、視野検査
緑内障は視力の低下や視野の欠損を引き起こす病気ですが、進行が遅いので自覚症状での発覚に頼ってしまうと、手遅れになってしまうケースがほとんどです。加えて、現在緑内障を完治させ視力の回復を進める方法は一般化されていません。現状行える対処は視力の低下症状の進行を抑え、現時点での視力を維持する方法のみなのです。そこで、今回のキーワードが活きてきます。眼圧検査、眼底検査、視野検査のできる眼科医では、緑内障の症状をいち早く確認することができます。自覚症状がなくとも、万が一緑内障が発症している場合には、すぐの対処が必要です。一般的に緑内障は40歳以降に進行することが多く確認されています。また、諸外国の症例では眼圧の異常で緑内障の診断が行われることが多いのですが、日本人に限って言うと、眼圧だけで判断のつかない緑内障が数多く報告されています。上述の3つの検査を組み合わせることで、早期発見を期待できます。40歳を越えたら、視力に問題を抱えていなかったとしても、一度は眼科で検査してみることを強くおすすめします。

FAQ一覧

お役立ち情報

ご友人が緑内障になってしまったという方より、緑内障を発症した際に現れる症状や、緑内障になる原因や予防法などに関する質問を受けました。
緑内障にならないためには何をすれば良いかという質問に対する答えが書かれています。
緑内障になりやすい人や、その原因などを知りたい方のために、緑内障を発症する危険因子などについて解説しています。
緑内障を発症するとどのようなことが起きるの?
緑内障の治療はどのくらい続けなければいけないの?
緑内障を進行させないためにはどうすれば良い?

PageTop

東戸塚田園眼科クリニック