眼精疲労(ドライアイ)|緑内障・白内障の治療なら横浜の東戸塚田園眼科クリニック。

東戸塚 田園眼科クリニック

目の病気

眼精疲労

眼精疲労とは、目を使う仕事を続けたとき、健康な人では疲れない程度でも疲れて休息や睡眠をとっても充分に回復しない状態をいいます。
目が重い、痛い、しょぼしょぼする、かすむ、見えづらい、といった目の症状に加え、頭痛、肩こり、ひどい時には気持ちが悪くなり吐いてしまうなど全身の症状が出ることもあります。
眼精疲労の原因には、幾つかの原因が重なっていることも少なくありません。

眼精疲労

原因

主な原因は以下の4つに分類されます。
【1】目の使いすぎによるもの
最近はゲーム、テレビ、携帯電話、パソコンなど、目を使う機会がとても増えています。

【2】目の病気によるもの
ドライアイ、斜視、緑内障、白内障など目の病気が見つかる場合があります。

【3】目の度、ピント合わせの力の低下によるもの
近視、遠視、乱視、老眼、不同視(左右の目の度に差があること)がある場合、必要なのにメガネをかけていないか?使い方が間違っていないか?度が合っているか?が重要です。眼科医による正しいメガネやコンタクトレンズの調整、検査は眼精疲労治療の第一歩です。

【4】身体や心の病気に伴うもの
慢性疲労、過労、環境の変化などでストレスが強くなると身体にいろいろな病気を引き起こします。
診察により問題点を確認し1つ1つ改善していけば、つらい症状も少しずつ良くなっていくと思います。我慢したりあきらめたりせずに、ご相談されることをお勧めします。

目の病気一覧へ

PageTop

東戸塚田園眼科クリニック