東戸塚の眼科ブログ | 緑内障・子どもの目・眼精疲労なら横浜の東戸塚田園眼科クリニック。

東戸塚田園眼科クリニック
ブログ
2018年07月18日 [眼科 東戸塚]

夏なのに「雪目」?

東戸塚田園眼科クリニックです。

7月も半ばとなりました。今年は例年になく早い梅雨明けとなり、もうすでに猛暑の毎日が
続いています。これからまだ夏本番を迎えるのかと思うと少し恐ろしくなりますね。

さて、「雪目」と聞くと冬や春のスキー場を連想されるかもしれませんが、夏にも「雪目」は起こります。そもそも「雪目(正式には雪眼炎)」とは、強い太陽光を浴びることにより目が長時間直接紫外線にさらされ、角膜の表面が傷つく病気です。

これからの季節だと、日中海水浴や夏山の登山などを楽しまれた後、夜になって目が充血し、ヒリヒリと痛み、涙がポロポロと出てくる…などの経験をされた方も多いのではないでしょうか?通常、「雪目」の発症には数時間のタイムラグがあり、強い紫外線を浴びてから6〜10時間程度で症状が現われるため、夜になって目の痛みに襲われるという訳です。大抵の場合、安静にして一晩眠れば翌朝にはかなり症状が落ち着いてくるのですが、目の痛みや違和感が強い場合は無理をせずに眼科を受診しましょう。

これから夏休みも始まり、海や山のレジャーに出かける機会が多くなると思います。紫外線の強い場所へお出かけの際には帽子や日傘などとともにUVカットのサングラスをかけることで目の紫外線対策も忘れないようにしましょう。


PageTop