設備案内|緑内障・白内障の治療なら横浜の東戸塚田園眼科クリニック。

東戸塚 田園眼科クリニック

設備案内

院内の様子

待合室

待合室

明るい色調の開放的な空間で待ち時間を快適にお過ごしいただけます。
受付

受付

明るいスタッフが患者さんをお迎えしますので、お気軽にお越しください。
検査室

検査室

最新の検査機器を用い精密な検査を行っています。

当院では緑内障及び黄斑変性などの眼底疾患の早期発見・早期治療に力を入れています。
最新機器のOCT(光干渉断層計)・HRT(視神経乳頭解析)・FDT視野計など検査時間が短く患者さんの負担が少ない方法を用いてスクリーニングを行い、より詳しい検査が必要な方には精密検査を行っています。

設備

OCT(光干渉断層計)

OCT(光干渉断層計)

OCTは、断面図的に視神経の量そのものを直接測定できるため、まだ陥凹の大きさが変化していない、視野欠損も現れていないような、わずかに視神経が障害された程度の初期の段階の緑内障でも発見できることが可能です。

OCT(光干渉断層計)

最新のOCTでは、神経繊維の厚みの測定以外に、@視神経乳頭の凹凸、A視神経乳頭周囲の神経線維層の厚み、B網膜の中心部である黄斑部の神経節細胞層などの厚みなど、部位ごとの状態を正確に評価することができます。それにより初期の緑内障も診断できるようになってきています。

HRT(視神経乳頭解析装置)

HRT(ハイデルベルグレチナトモグラフ)視神経乳頭解析装置

網膜の神経線維が集まる視神経の入口を視神経乳頭と言います。
ここに、ある波長のレーザーを当て反射してきた光の強さをコンピューターで解析することにより、視神経の凹みの大きさや深さを調べます。視神経乳頭の緑内障変化の有無を診断するもので、この変化を観察することにより高い確率で緑内障を検出することができます。

視神経乳頭の精密な形状を数分で測定します。
HRT(ハイデルベルグレチナトモグラフ)視神経乳頭解析装置

FDT視野計

FDT視野計

FDTは視野欠損を短時間で効果的に検出することを目的とした検査です。緑内障の疑いを簡単に判別するスクリーニングは、片眼わずか1分程度。緑内障が強く疑われる場合の詳しい閾値検査でも、片眼4分程度で終了します。また暗室ではなく、通常の照明の下で検査ができます。

FDTは初期に障害される細胞に関与する刺激を視標にすることで、通常の視野検査で感度の低下が認められる前に異常を検出することが可能で、緑内障の早期発見に適していると考えられます。

静的視野計(ハンフリー自動視野計)

静的視野計(ハンフリー自動視野計)

光の点滅により網膜の感度を各領域別に評価します。
視野検査では、視野の異常をみることで緑内障をはじめ、多くの目の疾患がわかります。

緑内障では視神経の障害はゆっくりと起こり、視野も少しずつ狭くなっていくため、初期は自覚症状を感じることは殆どありません。
定期的に視野検査を行うことで、緑内障の進行を知ることができます。

レーザー治療装置(YAGレーザー)

レーザー治療装置(YAGレーザー)

網膜光凝固術、レーザー虹彩光凝固術、後発白内障後嚢切開術、SLT(選択的レーザー繊維柱帯形成術)に対応している治療装置です。

デジタル眼底カメラ

デジタル眼底カメラ

眼底(目の奥)の状態を撮影して記録するための機器です。
眼底は、目の病気だけでなく、高血圧や動脈硬化による血管の変化や、糖尿病の合併症である網膜症など、内科の病気による血管の異常を全身の中で唯一、直接観察できる部位です。

角膜内皮細胞顕微鏡(スペキュラー)

角膜内皮細胞顕微鏡(スペキュラー)

角膜の透明性を維持するのに重要な角膜内皮の状態を分析します。
角膜とは目の「黒目」のことです。この裏側には「内皮細胞」という大切な細胞があります。

内皮細胞が極端に少ないと、黒目が曇って見えなくなることがあります。
角膜内皮細胞顕微鏡を使って内皮細胞の数や形を調べます。
コンタクトレンズ装用者や、白内障手術の術前検査で重要な検査です。

PageTop

東戸塚田園眼科クリニック