レーザー治療|東戸塚田園眼科クリニック

東戸塚 田園眼科クリニック

レーザー治療

レーザー治療では、網膜裂孔・糖尿病網膜症・緑内障・後発白内障などこれまで治療ができなかった部分を治療できたり、手術をしなければ治せなかった病気を治療できます。

当院で行っているレーザー治療には次のようなものがあります。

目

緑内障レーザー治療 SLT(選択的レーザー繊維柱帯形成術)

適応疾患:開放隅角緑内障・正常眼圧緑内障
緑内障の原因の1つは、眼内で作られた水(房水)が排水溝へ抜けていく際に通過する網の目(繊維柱帯)が詰まることにより房水の排泄が悪くなることで眼圧が上昇するのですが、この治療法はレーザーでこの詰まりを減らし流れを改善することで眼圧を下げるものです。従来同様の方法としてALT(アルゴンレーザー繊維柱帯形成術)という治療がありましたが、効果が一時的であることが多く、繊維柱帯の組織を破壊してしまうという欠点がありました。SLTの最大の特徴はメラニンだけを標的とし組織破壊を伴わないという点で、合併症のリスクも非常に少ないものです。

網膜光凝固術

適応疾患:網膜裂孔・網膜円孔・網膜赤道部変性
将来裂孔原性網膜剥離を併発しうる疾患に対して、予防的に周囲を光凝固で囲み、網膜剥離の進行を予防します。
穴の拡大あるいは網膜剥離の進行が危惧される場合は、緊急で来られたその日に行うこともあります。

虹彩切開術

適応疾患:発作が危惧される閉塞隅角緑内障
虹彩(いわゆる茶目)の根元にレーザー穴を開けます。この穴を通して水が流れるために発作の頻度は極めて低く、まず起こらなくなります。

後発白内障レーザー治療 後嚢切開術

適応疾患:後発白内障で、自覚症状あるいは視力の低下のある方
特殊なレーザーで濁った後嚢を切開し、濁りを取り除きます。レーザーを用いて外から行うため、皮膚や粘膜の切開は必要としません。レンズを目にあて、レーザーを照射するだけで済みます。
破壊した膜の破片や炎症により眼圧が上昇することがあるので、術後眼圧が上がっていないか確認してから帰宅していただきます。
実際に処置を行っている時間は5分程度で、痛みもありません。翌日にはもとの視力に回復します。問題があればレーザーを追加することもあります。

このページの先頭に戻る

東戸塚田園眼科クリニック