東戸塚の眼科のブログ | 緑内障・子どもの目・眼精疲労なら横浜の東戸塚田園眼科クリニック。

東戸塚田園眼科クリニック
初診受付サービス
電話番号・休診日
ブログ
2019年01月22日 [白内障 東戸塚]

白内障は早期発見が重要

最近視力が低下している、目がかすむ、光を以前よりもまぶしく感じるようになったなどの症状がある場合は、白内障を疑って一度お近くの眼科で診てもらった方がいいでしょう。
父が糖尿病なので私も気をつけていますが、先日父が白内障の手術を東戸塚の眼科で受けました。
糖尿病の影響で、かなり前に大学病院でレーザー治療を受けたことがあり、その後状態が安定したということで地元の眼科に転院し、そこで白内障も発見されてすでに数年経っていましたが、今回手術が必要になり、日帰りでそれを受けてきました。
白内障は年齢を重ねるとかかりやすい病気で、以前は老化現象なので仕方ないという位置づけで考えられていたそうですが、最近では白内障にも様々なタイプがあって、それぞれの原因も解明されていているとのことです。
目の水晶体が何かの原因でにごることにより、光の通過性が悪くなり、そのせいで視力が低下したり目がかすんで見えたりします。
水晶体がにごる多くの原因は老化で、早ければ40代から、50歳を過ぎるとそのリスクは高くなるため、白内障のほとんどは中高年者です。
父のように白内障は簡単な手術で治療できる病気で、何よりも早期発見、早期治療が重要となります。


PageTop