はやり目|緑内障・白内障の治療なら横浜の東戸塚田園眼科クリニック。

東戸塚 田園眼科クリニック

目の病気

はやり目

伝染性結膜炎は、ウイルスの感染で起こるとても感染力の強い病気です。

感染すると、約1週間の潜伏期の後に強く充血し、まぶたが腫れたり、眼脂(めやに)が、朝目がくっついて開かないほどでたりします。
大切なのは病気の経過を軽く済ませることと、他の人にうつさないようにすることです。

はやり目

治療に際しての注意
原因となるウイルス自体に有効な薬剤はありません。ウイルスに対する抵抗力を付けるため、休養を充分とって体力を落とさないことが必要です。
また、他の感染を起こさないために抗菌剤や、炎症を抑えるためにステロイドの点眼薬、眼軟膏を使用します。症状が改善してくるまでに時間がかかることが多いので、気長に治療を続ける必要がありますが、きちんと薬剤を使用していても症状が増悪してきたり、強い痛みがでてきた場合には、薬剤の変更や処置をする必要があったり、別の病気であったりする可能性がありますので、指示された受診日まで待たずに早めに診察を受けて下さい。

目の病気一覧へ

PageTop

東戸塚田園眼科クリニック